記憶のメカニズム

心理学の講座を受講するうえで、記憶については少しおもしろいところなので追加して述べておきたいと思います。
まず物事は3つのプロセスを経て記憶されます。その3つとは、記銘・保持・想起(再生と認識)の3段階です。
「記銘」とは、物事を頭のなかなどで反復したり(これをリハーサルという)、イメージを膨らませたりして記憶しようとすることです。
例えば電話番号を覚えるのに、何度も復唱し、年代を語呂合わせで覚えようとすることがこれにあたります。
「保持」とは、記銘によって記憶されたことがらを、長く保っておくことですが、これは外からは観察しにくいことです。
次の「想起」が可能かどうかで、記憶が保持されているかどうかが確認できるだけなのです。
「想起」とは、保持されたことを思い出すことであり、「再生」と「再認」の2種類があります。再生とは、記憶内容を言葉などであらわすことです。
再認とは、すでに経験したことのあるものをそのとおり確認できることで、たとえば知っている歴史上の人物の名前が試験に出たとき、その名前が既知のものであるとわかることなのです。

自分がよく通った道の幅が、行ってみると意外に狭かったということがあなたにも経験としてあると思います。
これは記憶が「変容」しているといえるのです。
記憶されたことがらは、再生されるときにある部分が強調されたり、単純化されたりして、もとのものとは変化するといわれるのです。
また、記憶は個人の定義によっても変化すると言われています。
犯罪などの現場での目撃証言は、その個人がどの程度犯罪者にとって偏見のようなものを持っているかによって、「目撃」しているのにも関わらず同じ証言にはならないというのも知られたことですよね。

心理学の講座を受講することによって、このような人の記憶の面白さにふれてみるのもいいのではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。