学習心理学

心理学の講座を受講する以前の基礎知識として、これまで見てきた感覚・知覚・情動は生理的反応と密接な関係にあることが理解されたと思います。しかし、次の有名な実験を見て欲しいのです。

心理学では一般的に「学習」を、「経験の結果生じる、比較的永続的な行動の変化」と定義するが、パブロフが生理学の実験中に偶然観察した事象より発見した、この「古典的条件付け」こそ、さまざまな「学習」研究の出発点になったのです。このように、無条件反射(唾液分泌)には無関係だった刺激(餌をみること、ベルの音)が、無条件刺激(餌を口の中で知覚すること)と結び付くことで、無条件反射と同じ反応(条件反応)を引き起こすようになることを「古典的条件付け」といいます。

ロシアの生理学者I・パブロフは、犬の消化腺機能について研究していたのですが、実験に使われていた犬が、しばらくすると餌を見ただけで唾液を出すようになったことに気がつきました。しかし、「学習」というと、生理学とは関係の薄い、知的な働きを講座の受講生は連想するのではないでしょうか。

彼は、ベルの音など、そのほかいろいろな刺激が唾液分泌をうながす条件(これを条件刺激という)になりえることを発見したのです。そこから彼は実験と観察を繰り返し、餌が口に入ったとき(無条件刺激)の唾液分泌は、犬が生まれながらに持っている反射なので、これを「無条件反射」と呼び、一方餌を見るだけで起こる唾液分泌は、犬が一定の条件(餌を知覚すること)と結びつけることによって獲得した反応であることから「条件反射」と呼んだ。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。