人間の性格や行動について

最近は心理学がブームなので、心理学自体がこのような性格を見抜く学問であるかのように思われている面がありますが、性格を研究していく分野は人間の心の大きな全体を認識するための一部分の試みにすぎません。やっと心理学の講座でお馴染みの「臨床心理学」が出てきましたね。ですから、性格についての文章などで一喜一憂するのは馬鹿らしいことだと思います。「変わらない」性格と「変わる環境」との間で、絶えず行動を調整していくことがなされなければうまく生きていけないことになります。

不適応が続くと世間で一般的には「心の病」になったと考えられますが、このような状態は誰でもなることがあります。この「変わらない」部分であり、「その人らしい」と言われる部分が「性格」と呼ばれるものなのです。性格は、「比較的一貫したその人の行動傾向」との定義づけがされています。しかし一方私たちの周りの環境は生きている限り、必ず絶えることなく変化していきます。

心理学の講座で学ぶということは、そんな心理学の正しい姿を知っておくためにとてもよいことなのではないでしょうか。あなたは同窓会などで久しぶりに会った友人と、お互いに「昔と変わらないね」などと言葉をかわしたことがあるのではないでしょうか。日によってそういう日もある、ということはみなさんも感じているのではないでしょうか。環境と性格との間で一定の均衡状態が保持されることを「適応」といい、環境との間で性格が食い違ってしまうことを「不適応」といいます。

医療の分野でも、この呼び名を使うこともありますよね。そして、この環境に不適応である状態から適応している状態への変化を支援する方法を模索する分野を「臨床心理学」といっています。そのこともあって、心理学では「患者」という言葉を使わないで「クライエント(依頼人)」と言う言葉を使います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。