「心の風邪」うつ

講座できっちり合う療法を学び、実践してみるのもよいと思います。心理学の講座を受けるみなさんにもおなじみの、一般に「うつ病」と言われている病気は、最近では「?障害」と障害、という呼称をつけて呼ばれることが多いのです。そして決断ができなくなるために仕事をするにしても難しい状況になってしまいます。人生に絶望感を持ってしまうために、自殺願望を生じることも珍しくありません。睡眠においては、心に悩みを抱くと当然出てくる症状ですが、寝付きが悪くなってしまいます。

考えをまとめることが難しく、集中力も下がってきます。そして、その中でも軽いものは「心の風邪」と呼ばれ、年齢をあまり問わずに多く見られるようになりました。しかし近年では薬物での治療が発達してきています。そして、色々なことが心配になるあまり睡眠不足となり、朝は早くに起きてしまうなどの症状が出てきます。うつの発生のメカニズムについては不明な点が多く、医療技術が進んだ今日でも原因がはっきりしているとはいえません。

症状としては、感情的な落ち込みのために、何事にも興味・関心が持てずに、絶望感や悲しみが続き、何事もネガティブにとらえることしかできなくなります。そのなかでも特に多いのは、中高年ですかね。そうは言っても悩む人は多く、心理学の講座を受ける人のなかには身内の人のこのような症状に悩む人もいるのではないでしょうか。身体症状としても頭痛や腰痛、発熱などの不調を生じ、だるさを覚え、何もかもがどうでもよくなったりしてしまいます。そういうように前向きに考えて薬物治療にあたりましょう。

うつでない人でも、このような気分に陥ることはバイオリズム的に見ても時折あることから、自分がなかなか病気だとはわからないのです。やはり勤めていて、集中できないとなると業務に支障を生じることは容易に想像できますよね。近年自殺増加が問題になっていますが、中高年の自殺の背景には、心の風邪である「うつ」が内在していることが多いようです。また、この抑うつ気分は朝が特に重症で、夕方からは徐々に軽くなってくるという特徴があります。つまり、誰にでもかかりうる病気だということです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。