社会心理学とは

自分と誰かの2人きりの場合もあるでしょうし、2・3人から数十人の人が集まる「集団」、さらには「世の中」という意味での「社会」、最も広く考えた意味での「世界」などなど、いろいろな広がりをもって考えることができます。どこかの集団に入りたい、と臨むのはどのような心理からなのか。多くの広告には、このような社会的心理学の研究によって得られた結果が使われているのです。それに対し、複数の人間が存在する状況(社会的状況)での個人、あるいは諸個人の行動、感情、経験の科学的分析を行う心理学を「社会心理学」といいます。たとえば、ホラー映画を見て「怖い」という感情だけを取り上げるのならば、個人心理学の領域になりますが、「怖いから誰かと一緒にいたい」という心の動きを取り上げるのならば「社会的行動」ということになり、「社会心理学」の対象になります。

初対面の印象は何で決まるのか。広告を心理学の対象とするならば、個人の消費行動を増大させる広告とはどのようなものなのかを研究し、より効果的な広告の提示の仕方について考えていくわけです。心理学とは、このようにすばらしく広い範囲の学問なのです。今まで述べてきた感覚や知覚、記憶や学習など個人の炉のメカニズムを研究する心理学を「個人心理学」と呼びます。

集団の機能とは、そしてその集団の中だけで通用する価値観などはいったい何から生まれるのか。このような個人の社会的行動の科学分析が進めば、それを予測することも可能となり、制御することも期待されます。ほんとうに心理学の範囲は広いものです。心理学の講座から、まさかこのようなことにまで発展していくとは思えませんよね。

わかりやすい例をいうと、広告があげられます。このように考えていくと、「みんなの輪のなかに入れない」と悩む自分の気持ちは何からきているのか、など心理学の講座を受けるあなたの悩みがどこにあるのか、もわかってくると思います。社会と一口に言っても、その種類は様々です。あなたはどこにしぼって勉強したくなりましたか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。